Rubyist Hotlinks 【第 12 回】 後藤兄弟 後編

はじめに

著名な Rubyist にインタビューを行う企画「Rubyist Hotlinks」。今回は、お二人とも著名な Rubyist である後藤謙太郎さん、裕蔵さん兄弟にお話を伺いました。

せっかくご兄弟だから、ということでお二人いっぺんにインタビューしました。前編 (Rubyist Hotlinks 【第 11 回】 後藤兄弟 前編) ではお二人の Ruby とのかかわりなどを聞きました。後編ではお二人の生い立ちなどを伺います。では、お楽しみください。

インタビュー (後編)

聞き手
ささだ (記事中「笹田」)
語り手
後藤謙太郎さん (記事中「謙太郎」)、後藤裕蔵さん (記事中「裕蔵」)
野次馬
咳さん、なかむら (う) さん (記事中「中村」)
日にち
2005 年 9 月 17 日
場 所
新宿の喫茶店

目次

生い立ち

笹田 では生い立ち。

中村 それぞれ何年に生まれましたか?

謙太郎 何年生まれだっけ?

裕蔵 俺 73 年。

謙太郎 69 年だ。

笹田 4 つ違いますね。

裕蔵 うん。

謙太郎 中学高校はちょうどずれて、同時には教わっていない。

裕蔵 学校はずっと同じなんですよ。

中村 大学も?

謙太郎 うん、大学も。

こう、知り合いがかぶってるとかいうのは結構ある。

中村 実家はどのへんになるんでしょうか?

謙太郎 九州の北のほう。

小中学校くらいの頃興味があったこと

笹田 小学校とか中学校とかのときに興味を持っていたこととかは。

謙太郎 いやー、小学校くらいだとさすがにね、4 つの差は大きいので。あんまり記憶にないんですけど。

中村 それぞれでは? 小学校のときにこんなことして中学校のときにこんなことして、のような。

謙太郎 小学校のときは、電気工作とか好きだったかなぁ。

中村 小学校で電気工作。

謙太郎 なんかよくわかんないけど、学研のラジオものとか。結構好きで。

笹田 なるほど。

謙太郎 「科学」ですねぇ。学研の。

笹田 で、中学で中古みたいなの買ってとか?

謙太郎 中学のときにマイコンをもらったんですよ、親戚のおじさんから。

中村 TK80 とかなんかそんなやつ?

謙太郎 そうそう、TK85 ですね。

笹田 で、それでやってたと。

謙太郎 そうですね。やってたってほどではないけど。ちょっと触ってみたくらいの。

笹田 中学の部活とか。

謙太郎 テニスかな。

中村 なんかそれっぽい。

謙太郎 うん、でももう全然。中学のときしかやってないので。

兄の背中を見て育つゆうぞうさん

笹田 裕蔵さんのほうは?

中村 その頃小学生?

裕蔵 ですね。でもコンピュータとかは……

笹田 電気工作が好きだったとかいうわけでもない?

裕蔵 うん。そうですね。あんま覚えてないですけど。

中村 手先の器用そうなことをする兄の背中を見つつやんちゃに育ったとかそんな感じですか。

一同 (笑)

謙太郎 なにをきれいにまとめようと (笑)

裕蔵 幼い頃の記憶はあまりないですね。そういえば。

笹田 中学とかは? 部活とか。

裕蔵 部活はね、そういえばテニスをやってた気がする (笑)

一同 (笑)

中村 やはり兄の背中を見てしまってるんですか。

裕蔵 でもねえ、全然真面目にいかなくて。すぐにやめたというか。

謙太郎 あ、そうなの?

裕蔵 幽霊。

謙太郎 へー。

笹田 ごとけんさんの方はやってたんですか?

謙太郎 僕は真面目だったんですよ。きっと。よくわかんないけど。

裕蔵 僕は不真面目だったのか……

中村 いやだって幽霊なんでしょ?(笑)

一同 (笑)

高校の部活

笹田 で高校の部活とかは?

謙太郎 えーとなんだろう、科学部かな。

笹田 ほう。

裕蔵 私はいろんな文科系のクラブに、点々と。

笹田 点々と (笑)

中村 文科系?

裕蔵 うん。まあなんか遊んでただけなんで。何してたってわけじゃないんですけど。

笹田 その頃に興味持ってたこととかなんかあります?

裕蔵 その頃ですか? いやもう日々遊ぶので精一杯で。

謙太郎 そうだよね。僕もわりとそんな感じだったかな。遊ぶにもいろいろあると思うけど。

裕蔵 いやまあ。

中村 いい遊び悪い遊び色々ありますけど。

裕蔵 いやまあいい遊びも悪い遊びも (笑)

まあね。若いやつ見てると楽しくギャーギャーいってるじゃないですか。ああいう感じですかね。

笹田 ほー。

中村 ささださんはどうだったんですか。

謙太郎 僕もそれはすごく聞きたい。

笹田 何が?

中村 高校の頃どんなことしてたんですか?

笹田 え? 陸上部だったよ?

中村 あ、前に言ってましたね、そういえば。

謙太郎 あー。

笹田 もうスポーツしてたって感じじゃないけど。全然 (笑)

中村 あんまりね (笑)

笹田 昔は痩せてた。って、いやだなその言い方。

中村 「昔は痩せてた」って現在のことが如実に分かっちゃいますからね。

笹田 いやまあ私のことはどうでもいいですけど。

じゃあ計算機系とそんなに縁があるというわけではなかった?

裕蔵 うん別に。

大学の選択基準

goto0.jpg

笹田 で、大学に入ったと。大学ではどんな感じ?

裕蔵 大学……

中村 大学では何をされてたんですか。

笹田 何学科?

謙太郎 情報……

中村 情報なんだ。

謙太郎 知能情報学科、かな?

裕蔵 うん。

笹田 え、お二人とも?

謙太郎 うん。

裕蔵 うん。

笹田 (笑)

中村 なんで?(笑)

謙太郎 僕はなんかね、高校の真ん中くらいから人工知能とかっていうのに興味があって。

笹田 そうか、その科学部のほうとかで?

謙太郎 そう。

笹田 じゃあそのときにはもうパソコンやってたんですか?

謙太郎 そうですね。なんか「二十の扉」みたいなの作ってみたりとかはしてましたね。

笹田 なにそれ。

謙太郎 あー。なんだよ。二十の扉わかんないのか。ラジオ番組知らないですか? 二十の扉っていう。僕も直接は聞いたことないんだけど。

今も Web のサイトがあるけど、質問に答えていってなんでしょうって当てるゲームで。*1

笹田 あー! わかりました。

謙太郎 Yes/No で分かる質問を答えかけてくるんですよ。で、それで Yes/No で進んでいって、「それはあれでしょう」って。

笹田 はいはい。このあいだもありましたね。

謙太郎 そういうのを作ったりとか。

笹田 なるほど。だから知能情報。素直ですね。

中村 すごい感心しました。

 行きたいところに行かれるものなんですね。

中村 いいなあ。

 すごいですよ。

笹田 行きたい所じゃなかったんですか?

 いやぁ、少しは行けなかったかな。

中村 うちは入ってからだから。

笹田 ええと、裕蔵さんのほうはなんでその学科に入った?

裕蔵 入試が楽そうだった。

一同 (笑)

笹田 学科は色々あるじゃないですか?

裕蔵 いや、推薦だったんですよ。で、学科によってちょっと傾向が違っててですね。なんかそこがユルそうだったんです。

笹田 へー。お兄さんの影響はなかった?

裕蔵 うーん、まあ影響あったのかもしれないですね。その、なんか分かってそうな部分が楽そうだなとか。

中村 後を追えば情報が転がってるから (笑)

笹田 そうですよねー。過去問とかも一番近いところにあるっていう感じで。

裕蔵 そうですね。

笹田 じゃあ別に人工知能がどうとかは全然なかった?

裕蔵 全然なかったですね。

笹田 (笑)

中村 面白いですねー。

裕蔵 そんなに興味があったかすら、なんか……

笹田 なるほど。

中村 そんな人が本を書いてたりするわけですよ。

笹田 ねぇ。

中村 人生って不思議ですねー。

一同 (笑)

大学で何をやったか

笹田 で、大学で、ごとけんさんの方はその希望通り人工知能やったんですか?

謙太郎 いやまあ、いろいろこう、人間の興味って変わるじゃないですか。

笹田 ええ。

謙太郎 いわゆる人工知能っていうのはあんまり興味がなくなって、当時はもうミンスキー*2の本とかも出てたりして。で、いろいろあって、いろんな事やってる人いるなっていうのが分かってきたんだけど、そういうアプローチじゃなくて、もうちょっと、なんだろう、脳ミソに近いほうが面白いかなと思って。

笹田 ほう?

謙太郎 その周辺へ進んだんです。

笹田 医学系?

謙太郎 ああ、じゃなくて数理モデルで考えるほうの。

笹田 はいはい。

謙太郎 ニューラルネットとか。大きくいうとそんな感じですね。

笹田 ゆうぞうさんは?

裕蔵 そうですね、なんか、何やってもいい研究室だったんで。

笹田 ほう。

謙太郎 そうだね (笑) それ大きいかもな。

裕蔵 適当なネットワークアプリケーションみたいなの書いたりして遊んで、そのまま卒業したという。

笹田 なるほど (笑)

中村 じゃあ、ネットワークは最初から好きだったっていうことですか。

裕蔵 なんかこう対戦ゲームとかをやっぱり弄っていてですね。

中村 あー。

笹田 だからネットワーク。

笹田 でネットワーク応用通信研究所に?

裕蔵 ああ、それはまあ、いろいろ。

中村 その間にまだステップがあるわけですか。

裕蔵 卒業直後には、別の普通の、っていうか……

笹田 今普通じゃない?

一同 (笑)

中村 難しいことを……

裕蔵 まあ、もうちょっと口やかましい感じの会社に勤めてたんですけど。

笹田 そのときはソフトウェア?

裕蔵 ソフトウェアの。プログラマとしてですね。

でまあ、辞めてですね。ある日。

笹田 ほう。

裕蔵 辞めてぶらぶらしてたんですけど、半年くらい。で、アルバイトしませんかって言われて。じゃあアルバイトしますって。

中村 どういうふうに声がかかるんですか。

裕蔵 それはですね。当時兄が無職だったらしくてですね。

一同 (笑)

中村 無職兄弟 (笑)

裕蔵 なんか兄もバイトしてたらしくてですね。特に僕から何かしたわけじゃないんですけど、なんか話が伝わったらしく、バイトしませんかというのが来て、じゃあ、という感じで。

笹田 なるほど。ごとけんさんは卒業の後は?

謙太郎 んーと、なんか今話聞いて思い出したけど、学部のときは違うわ。

笹田 (笑)

機械学習の話

謙太郎 学部のときはそういうのに興味があったけど、機械学習やってましたね。

笹田 なるほど。

中村 機械学習?

謙太郎 Machine Learning っていうのを訳したのが機械学習なんですけど。で、それをやって、その後で、もうちょっと抽象的な話をやって。結局力学系*3とかやってたんですよ。とかって分かんないですかね。力学系って普通に通用しない言葉ですかね。

笹田 なんか力学台車とか思い出しましたがそういうのとは違う?

謙太郎 あー (笑) タイヤがついてて、みたいな。

裕蔵 (笑)

中村 動滑車と定滑車みたいな。そういうやつじゃない?

謙太郎 じゃないです (笑) 力学系っていうシステムがあって、あんまりそういうのとは関係ないんですよ。で、そういうのをやってたときの師匠が、僕が修士の二年の途中で異動するとかって。僕は九州の大学に行ってたんですけど、九州の大学から北海道の大学に行くっていうんですよ、師匠が。で、「君たちも来ないか」みたいなこと言って、「じゃあ行きます」って (笑)

中村 すごいなあ。

謙太郎 で、北海道に行ったんですよ。んで博士に入って。で、入ってしばらくしてからなんかやたら遊んじゃって。Ruby 触ったりとか (笑) で、博士は卒業しないまま単位習得後退学してですね。

笹田 ふむ。

謙太郎 で、2000 年かな。2000 年まで大学にいたのか。一瞬就職したんだけど、そこはちょっと辞めてしまって。それでしばらく無職だったんですよ。

笹田 それが今言ってた時期?

謙太郎 そうですね。

中村 で、バイトして……

謙太郎 しばらく無職で、その後でなんか呼ばれて、ああ、これは言ってもいいのかなぁ。まあいいや、今の仕事に入った。呼ばれていって。そんな感じですね。

ごとけんさんの仕事の話

笹田 今は?

謙太郎 ああ、で、そこはなんだろう、広い意味でのバイトみたいな感じの仕事してたんですけど。

裕蔵 契約社員じゃなくて?

謙太郎 ああ違う、そうじゃないですね。普通の取引業者としてそこと。

中村 ああー、なんていうのかな、いわゆる個人さんですね。

謙太郎 いわゆる個人さん。で、仕事してて、そこで同じような立場で仕事してた人が会社作るというので、じゃあ作るって会社作って、今そこにいます。

中村 よくあるパターンではありますね。

笹田 じゃあ今は立ち上げたばかりということで?

謙太郎 そうね。一年ちょっと経ちました。

笹田 ほー。

新しい会社での求人の話

中村 ごとけんさんの会社というと、求人の……

謙太郎 ん?

 募集してらっしゃいましたよね。

謙太郎 あー、二三ヶ月前まで。

中村 あれは本物か、とか (笑)

謙太郎 いやむっちゃお金かかったんですけど (笑) 嘘でやりませんよ。

ちょっと忙しくなってきたので人一人雇おうと。

笹田 そちらのお仕事はどんな感じのことを?

謙太郎 Web 系の。

笹田 ああそうですよね、Zope 使ってるって。お客さんに Web アプリケーションを提供するっていう?

謙太郎 うーんとね、僕はそうなんですけど、基本はデザインの会社なんですよ。

笹田 ふーん。ロジックじゃなくてデザイン?

謙太郎 うん。そうですね。ビジュアルの。

宣伝するごとけんさん

笹田 あ、今宣伝されていいですよ。とかいって (笑)

中村 仕事のほうも人のほうもどうぞ。

謙太郎 そうですねえ。

笹田 なにかあれば。

謙太郎 うーん、難しいなぁ。宣伝したいんだけどなぁ。ものすごく (笑)

笹田 じゃあインタビューの途中でなんか宣伝のページをずらずらーっと (笑)

中村 「こういう会社なんですけど」とかいうのでリンク入りますから (笑)

裕蔵 そういえば会社のページって作ったの?

謙太郎 また痛いところを突くね。

中村 求人広告は立ったけど会社のサイト自体はまだ立ってない?

 それもなんかなー。

中村 それはじゃあインタビューが載るまでに。

謙太郎 そうですね。なんだっけ、11 月でしたっけ?

笹田 このへんは 12 月ですね。多分。

謙太郎 じゃあ 12 月あたりに。

いやあの、大きな会社のですね。サイトとかを作ったりとかして。

笹田 まだ求人してるんですか。

謙太郎 えーとねえ。まあ優秀な人だったら随時、来ていただきたい。優秀っていうか面白いっていうか。面白くないといやですけど。

いや、真面目も重要だよね。うん。

中村 難しいんですよね、面白いだけで仕事しないやつとか凄い困りますからね (笑)

裕蔵 何やってるの?

 LL*4 のロゴとか?

謙太郎 ああそうそう、あの LL の、こんな羽のロゴ*5

中村 ああ、あれか。

謙太郎 あれ、うちの会社。

笹田 あ、そうなんですか。

謙太郎 大事なことを (笑)

中村 それで宣伝が、より「こんなのできるぜ」っていう。

謙太郎 そうですね。

中村 かずひこさんちの商売敵。

裕蔵 (笑)

謙太郎 そうなのかな。なんか製作はすごく大きなサイトとかもやってるんですけど、もうちょっとああいう面白いのも大好きで。

笹田 ロゴだけ? それともサイト全体?

謙太郎 LL のはロゴだけですね。サイトはあの、なんだったっけな……

goto6.jpg

 plone

謙太郎 うん、あれは plone ですね。

NaCl さんの話

中村 NaCl さん*6は? 宣伝や求人はないですか。

笹田 普段の仕事とか。

裕蔵 普段の仕事は、僕はちょっと PKI 方面のようなことをやっていますが、まあいろいろですね。

中村 松江の話は以前のインタビュー*7とかで結構聞いたんで、東京の話を。

裕蔵 東京はですね。どうなんですかね。

笹田 東京にも COBOLer 多い?

裕蔵 COBOLer いませんね。

中村 COBOLer は松江だけですか。

裕蔵 そうですね、あっちのチームだけですね。こっちは営業の人の比率がわりと高くて、技術屋さんは半分くらいですかね。全部で十人くらいしかいないんですけど。

うん。何をいえばいいんでしょうね私は。

謙太郎 難しいよね。宣伝凄くしたいんだけどな。

中村 面白くて仕事をできない人を募集していますとか。

一同 (笑)

裕蔵 なんてことを。

中村 まあないと思いますけど。

 新年会で松江にいけるんじゃなかったでしたっけ。

裕蔵 あそうそう忘年会でですね。松江に行って温泉に入るという。

中村 素敵なイベントが毎年!

裕蔵 ちょっと去年なかったんですけどね (笑)

中村 あれ?

笹田 仕事としては、みんな Ruby やってるわけではない?

裕蔵 そうですね。

笹田 C とかが多い?

中村 C++ とか Java とか?

裕蔵 うん、Java の人は一人。

裕蔵 あとはまあ、生越さん*8とかですね。

中村 生越さんは東京が多いんですか?

裕蔵 東京にずっといますね。

そういう人たちと。わいわいと。

んー、宣伝。難しいですね。

謙太郎 宣伝したいなぁ。

中村 こんなお仕事待ってますとか。

裕蔵 どんと来い (笑)

中村 なんでもやります?

裕蔵 まあだいたいなんでもやるなぁ。

中村 Windows の……

裕蔵 ああそれはちょっと無理だね。

中村 選ぶんじゃん!

一同 (笑)

裕蔵 や、まあ、やれといわれればやるんじゃないですかね。

普段の生活

生活スタイル

笹田 仕事とかはそんな感じで、生活スタイル。要するに仕事とかって何時に行って何時くらいに帰りますかとか、そういう話。

中村 会社の定時は?

謙太郎 会社の定時は、いちおうフレックスなので 10 時 3 時なんですけど。

中村 実際はどう?

謙太郎 実際は僕は、会社に入るのは 8 時くらいで。

笹田 早い。

謙太郎 出るのが 10 時位かな。

笹田 遅い……

中村 会社の立ち上がりだからとか?

謙太郎 そうですね。いちおう、役員なので。

笹田 あー。

謙太郎 そういうことじゃないな。なんかやっぱ色々やんないといけないことがあるんですよ。役員とかじゃなくってこう……

中村 人数少ない会社で仕事があるとね。

謙太郎 落とせないとかですね。

でもまあ、嘘、今のは、なし。あの、楽しい会社ですよ (笑)

笹田 (笑)

中村 偉いほうはそう。ごとけんさんがそうやってがんばってくれてるから、入社すると楽しく仕事ができますよ、と。

笹田 はい (笑)

中村 なんで俺がフォローしてるんだ (笑)

裕蔵 私は昼くらいにふらふらと出かけていって。

笹田 東京もフレックス。

裕蔵 裁量労働制なので。

笹田 じゃあ行かなくてもいいんですか?

裕蔵 うん、いいですよ。自宅作業してメールで投げれば。

笹田 なるほど。

裕蔵 何日でも会社に行かずに。

笹田 すばらしい。

中村 仕事さえすれば。

裕蔵 仕事さえすれば。まあ、打ち合わせとかは行かなきゃいけないんで。忙しいときは「えー、またかよ」とかいって通うんですけど。

中村 いや、世間の普通の人は毎日通うんですけど。

笹田 (笑)

裕蔵 いやいや違う、打ち合わせが。

笹田 毎日行かれてる?

裕蔵 一応毎日行ってますよ。

中村 なんか行かない癖つくとヤバそうですもんね。

裕蔵 うん。昼行って、10 時くらいかな、帰るのは。

笹田 なるほど。

仕事とプライベートの両立

笹田 えーと、仕事とプライベートの両立。

謙太郎 難しいですね。プライベートってどのへんからがプライベートなんでしょうね。

笹田 仕事以外。

中村 うーん、8 時 10 時だとプライベートなんてないに等しいですね。

笹田 休日は取ってるんですか? ちゃんと。

謙太郎 えー、まあ土日は休んでますね。

裕蔵 さすがに。

中村 ええことや。

趣味

パンク修理

goto2.jpg

笹田 ご趣味は? 映画本音楽ゲームスポーツ。

 パンク修理?

謙太郎 パンク修理は自転車屋さんにやってもらうんだって。

中村 趣味がパンク修理?

謙太郎 違う違う。

裕蔵 パンクさせることじゃないの?

謙太郎 がびーん。

中村 そんなによくパンクするんですか。

謙太郎 いやっ……

笹田 自転車によく乗るっていうことですか。

謙太郎 自転車毎日乗ってるので。駅まで。

職務質問

 あと職務質問。

謙太郎 いやそれは趣味じゃないし (笑)

職務質問によく遭うんですよ。

笹田 (笑)

謙太郎 趣味じゃない! 趣味じゃねーよそんなの!

笹田 え、仕事帰り?

謙太郎 仕事帰り。

中村 遅いからですよね、ようするに。

謙太郎 そうそう。終電とかで帰っちゃうと。

裕蔵 俺遭わないなぁ。

謙太郎 えー、遭うとか言ってたじゃん、年何回か。

裕蔵 あーそれはね、あれですよ。

謙太郎 あー場所が? 引っ越してから遭わなくなった?

裕蔵 うん。前は、チャリに乗ってると、よくおまわりさんが寄ってきてですね、自転車確認させろと言ってくるんですよ。

笹田 へー。

中村 夜中自転車乗ってるとそうですよね。

裕蔵 やー、昼間でも度々あってですね。

中村 昼間でも、はちょっと珍しいなぁ (笑)

笹田 盗みそうな顔してるって事?

謙太郎 髪の毛の色が今の色ではなかったからでは。

笹田 え、もっと緑とかだった?

裕蔵 いやいや全然こんな感じですよ。

無趣味?

笹田 よくある、趣味って言われたときの答えは定型でなんかないですか。

謙太郎 あんまり。

裕蔵 無趣味なもので。

謙太郎 無趣味なもので。

中村 兄弟とも。

笹田 え、プログラミングしてるとかが趣味?

謙太郎 強いて言えばそうかなぁ。

中村 音楽とか本とかは?

謙太郎 いやまあ人並みには……趣味って言っていいのかい、っていう気はしますよね。

笹田 じゃあ読んだ本とか適当に。

裕蔵 適当にって……

謙太郎 適当だなぁ。

笹田 いや適切にっていうことで。

謙太郎 小泉首相みたいだなぁ。

笹田 じゃあ好きな政党。いや違う (笑)

謙太郎 えーと、なんだろう、最近は……

裕蔵 あ、最近ゲーセンで麻雀やってますよ、たまに。

謙太郎 ああ、いいねえ。

裕蔵 最近のゲームは、携帯と連動しててですね。*9

笹田 へー。携帯でも麻雀できるの?

裕蔵 いや麻雀できるんじゃなくて、スコアが携帯で見れる。

笹田 へー。

中村 全国ランクが。

裕蔵 そうそう。

んー、なんかつまんないことばっか喋ってるな。もっとかっこいい趣味を。

謙太郎 そうだよねー、かっこいい趣味ないといけんね、やっぱりね。

notwork.org とは?

笹田 じゃあ次いきましょう。マシンのスペックは、あんまり聞いてもしょうがないかな。じゃあ、notwork.org ってなんですか?

裕蔵 それはですね、僕の同期の連中と取ったんですけど、昔、fj で、今で言うモヒカン族ですか、ほら「Message-Id: は正しいドメインつけましょう」とかいう人いたじゃないですか。

中村 それでドメインが必要だと? (笑)

謙太郎 (笑)

裕蔵 自分の専用のネットワークがあろうとなかろうとですね、好きにできるドメインがちょっと欲しいなと思った時期があって。それで取ったんですね。

笹田 ふーん。なんとなくとって、身近な方と集まって?

裕蔵 そうですね。

笹田 なるほど。まあ語呂がよかったとかですかね。

裕蔵 そうですよね。

typo の話

笹田 えと、typo の話。

裕蔵 typo の話は……

中村 なぜ濁点が抜けるのかについて。

裕蔵 癖なんですよね。

笹田 癖?

謙太郎 z と s が近いから?

笹田 ローマ字?

裕蔵 ローマ字ですよ。

笹田 z と s を間違える?

裕蔵 うん。b と p もなんか間違える。

笹田 えー。

謙太郎 なんでや。

中村 でも僕なんとなく分かります。

笹田 あ、本当?

中村 うん。

謙太郎 へぇー。

中村 不思議ですよね。

謙太郎 たしかに、手で字を書くときはそうかもしんない。

裕蔵 pa とか ba とかを間違えちゃうんですよね。

好きな女性のタイプ

笹田 大切な質問。好きな女性のタイプ。

お二人は奥さんは?

裕蔵 いません。

謙太郎 私はいます。

一同 (笑)

謙太郎 いやいや、ここは奥さんって答えるコーナーなんですよね?

笹田 いやいや。

謙太郎 以前そうじゃない勇敢な方もおられたようですけども。

いや別に。タイプとかないでしょ。あります?

 人によってはあるんでしょう。

謙太郎 よくわかんない。これってよく定型な質問としてあるんだけど、あんまり……

中村 芸能人で何々みたい、とか答える人とか世間にはいっぱいいるけど。

笹田 顔が好きなんじゃないの? こういう顔が好きとか。

裕蔵 わかんない。

goto5.jpg

謙太郎 わかんないよねそんなのは。

中村 だれそれが好きとかあるんじゃないの?

謙太郎 いやよくわかんないので。

笹田 私もわかんない。とか。

謙太郎 この質問は削除すべきだな。もうちょっとなんか盛り上がる質問に。

笹田 じゃあ好きな萌え属性とかになるの? メガネが好きですとか。

中村 メガネが好きなのはたださんか。巫女装束は好きですかとか?

謙太郎 一般にそういうのが好きなのかなぁ。よくわかんないけどねぇ。

今後の展望

笹田 えーと、今後の展望、将来の夢。

謙太郎 んー。とりあえず WEBrick の、前々からやりたいことがいくつかあるので、早く消化したいな。

裕蔵 そうだったのか。

笹田 ゆうぞうさんは?

裕蔵 立派な大人になりたいですね。

笹田 (笑)

中村 立派じゃないんですか。

裕蔵 立派じゃないでしょうあんまり。

いや、なんかかっこいいこと言えないですね。

謙太郎 インタビュー難しいねぇ。

裕蔵 うん。

Rubyist の輪

eban さんとの関係

笹田 えーっと、eban さんとのご関係。コミッタ仲間?

裕蔵 コミッタ仲間じゃないんですかね。

中村 rrr 仲間?

謙太郎 でも多分一番最初に会ったのはその jus*10 のワークショップかな。

裕蔵 俺会ってないよ?

謙太郎 違うか。あの時来られてないんだっけ。

裕蔵 いや、来てたとは思うけど。

謙太郎 来てたよね。僕質問された覚えがあるもん。

笹田 ふーん。

裕蔵 ああ。それからしばらくして、jus のワークショップで OpenSSL について喋ろうっていう企画があって。

笹田 はいはい。

裕蔵 それでなひさんと一緒に喋ったのかな。それから %rrr っていう IRC のチャンネルに人が集まるようになって。

笹田 あ、それからだったんだ。

裕蔵 それで新年会とかなんか。あれいつでしたっけ。あれ咳さんいましたよね。

 いたいた。蕎麦屋ですよね。違うっけ?

謙太郎 2002 年くらいじゃない?

裕蔵 rrr.jin.gr.jp かなんか作って RWiki 入れて遊んでた頃ですよね。

 2 年くらい前?

裕蔵 もっと前でしょう。

謙太郎 もっと前だった気が。

裕蔵 4、5 年くらい前じゃないですか。

 そうだったかもしれない。

笹田 jus の OpenSSL の話は私も行ったんですが、面白かったですね。

裕蔵 あ、そうなんですか。

笹田 高橋さんと。

裕蔵 あれ、高橋さんが一番前で寝ててですね (笑)

中村 そんな話ありましたね。

一同 (笑)

次回は誰に?

笹田 もう三時になっちゃった。えっとですね、次。次はどうします?

謙太郎 次は咳さん? 近い人だと……

中村 咳さんの話は聞きたいって言うリクエストは結構多いんですよ。

謙太郎 そりゃそうだろうね、旬だからね。

 今はね。瞬間的に。

謙太郎 これっていつ載るんですか?

笹田 えとですね、10 月 11 月、違う違う違う、11 月 12 月に載る予定です。

次は Dave?

謙太郎 じゃあ次のインタビューはなんかこう、Dave とかさ (笑)

中村 以前のなかださんのインタビューの時に、なかださんの次が Dave で、それから延々アメリカ編をやってささださんが毎回泣きながら英語でインタビューするのはどうかっていう嫌がらせ的な企画もあったんですけど。

裕蔵 一週間ぐらいこう、アメリカを渡って。

謙太郎 Dave でも Black のほうだったらイギリスじゃないんだっけ*11

中村 気にせず Dave っていうやつは全部回る。

一同 (笑)

中村 「次は Dave で」「次は Dave で」「次は Dave で」……

謙太郎 Dave 繋がり。

裕蔵 「どういったご関係ですか」「Dave 繋がりです」(笑)

中村 最初の Dave と黒 Dave、って、最初の Dave っていうのもひどい話で……

裕蔵 それ自体がそもそもひどいんだって。

中村 だめ Dave とかいろいろ言ったよね。

裕蔵 DHH*12 も Dave なのか。

中村 あれも Dave?

裕蔵 David。

中村 賞をもらった Dave。

笹田 賞をもらった Dave (笑)

謙太郎 そうか、前に付くのが何になってくるのかが重要になってくるわけだね、そうすると。Dave の差異を表すのに。

中村 Pragmatic な Dave とかはいいけど、黒 Dave とかかわいそうだ。

謙太郎 名前じゃんそれ。

笹田 じゃあどなたにしましょうか。

一同 じー。(と咳さんを見る)

 何つながりなんですか。

謙太郎 何つながりですか。コミッタつながり (笑)

裕蔵 そればっかり (笑)

中村 そんな誰でも知ってるつながりじゃなくてさぁ (笑) 秘密のつながりをちゃんと。

謙太郎 秘密だから言えないな。これは。なんだろう。「兄です」

一同 (笑)

謙太郎 実は (笑)

笹田 では、次は咳さんにお願いします、ということで。

若手への一言

笹田 で、若手で終わり。

裕蔵 え?

笹田 若手へ一言みたいなの何かある? 若い人に来てくださいとか。

 若手じゃない。

謙太郎 若いし。

中村 これくらいまでは若いで許される。

笹田 いや自分より若い人に。特にない?

読者への一言

笹田 じゃあ読者の Rubyist へ一言。

謙太郎 いいアプリケーションを書いてください。僕はアプリケーションは書けないので。

裕蔵 あ、そうそう、将来の展望ってわけでもないんですけど、WEBrick とかのドキュメントを誰か、作るの手伝ってくれる人いないかなーと。

笹田 ああ。

謙太郎 いや、お金とってうちに発注って言うのはどう?

裕蔵 なんかこういつもこう、ね。機能を変えるたびにドキュメントがないのが気になるっていうのが理由なんですけど。

謙太郎 そうだよね、ChangeLog とか書くにしてもさ、いろんな機能あってわかんないとか。

笹田 で、読者に一言は?

謙太郎 読者に一言? ああいや、ていうかるびま一年も続いて凄いですね。

笹田 ありがとうございます。

謙太郎 読者より。本当におめでとうというより、偉い偉いっていうか。

中村 おめでとうおめでとう。

一同 (拍手)

謙太郎 なかなかできないですよね。

笹田 ありがとうございます。

謙太郎 Ruby の多くのプロジェクトなかなか続かなくて困るっていう。

笹田 でもまあ Ruby 10 年続いてますしね。

謙太郎 ささださん偉い。

笹田 いえいえ。本当に私の努力だけじゃないので。るびまは。

で、読者へ一言は?(笑) ドキュメント書けって?

裕蔵 いやいや。とんでもない。

謙太郎 とんでもないですよね。でもなんか、面白いものは作って欲しいとかそういうのはありますよね。ない? なんかありますか?

中村 いや僕に聞かれても (笑)

 あれ読んでる人は Rubyist なんですか?

笹田 Rubyist じゃない人も読んでる。インタビューは比較的他の人も読んでる。

中村 誰でも読むっていうか。

笹田 YARV の記事は誰も読まない。そんなことないですけど。ほとんど読まない。

裕蔵 なんかあるかな。月並ですが、Rubyist Magazineをこれからもよろしく。

笹田 (笑)

中村 捻ったことをとか。いや捻らなくていいんですよ。素直な気持ちで。

裕蔵 そういえば、Rails の本とか読んでると WEBrick が動かせるって書いてあって、いろんなところのデスクトップで動いてるんだなーと思うと、ちゃんと動くかなとか心配になったりとかしますね (笑)

中村 嬉しいな、とかじゃない?

謙太郎 いや一時期はね、本当に Linux で v6 関係の報告がよく来て。

裕蔵 あー Red Hat とか。

中村 Linux の v6 が腐ってるとかそういう話じゃなくて?

謙太郎 いや一時期の Red Hat のスタックはなんかおかしかったのかな。

中村 USAGI さん*13

裕蔵 いや違う、getaddrinfo(3) がおかしかった。

 Mac OS X の getaddrinfo(3) がバグってる時にめちゃくちゃなパッチを当てて無理やり動かしたんだけど、今は実は OSX がなおったりしてないかなーってどきどきしてるんですけど (笑)

中村 ありましたねそういうことも。

裕蔵 どうなんでしょうね。

笹田 なんかぐだぐだになってしまいましたが (笑) 本日はどうもありがとうございました。

おわりに

今回は、お二人とも著名な Rubyist である後藤謙太郎さん、裕蔵さん兄弟、お二人へのインタビューを前後編に分けてお送りしました。お二人ともに Rubyist で、うらやましい限りですね。

さて、次回は今回のインタビューに同席いただいた、ERb、dRuby で有名な咳さんこと関 将俊さんにインタビューしたいと思います。お楽しみに。

(インタビュー:ささだ, 編集:卜部, ささだ, 中村, 西山 (順不同))

Rubyist Hotlinks 連載一覧


Last modified:2005/12/24 00:12:42
Keyword(s):
References:[Rubyist Magazine 0012 号] [0012 号 巻頭言] [各号目次] [prep-0012]

*1 20Q: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/25/news038.html

*2 Minsky: 1927 - 存命。著書 "Perceptrons" などで著名な人工知能研究の第一人者

*3 力学系: 結局、力学系ってなんだったんでしょうね

*4 LL: Lightweight Language Day and Night (LLDN)

*5 羽のロゴ: LLDN のロゴ

*6 NaCl さん: 裕蔵さんはネットワーク応用技術研究所の東京支社勤務

*7 以前のインタビュー: 第 1 回〜第 3 回を参照。また「NaCl 訪問記」なども

*8 生越さん: 生越昌己さん

*9 麻雀: セガネットワーク対戦麻雀 MJ2

*10 jus: 日本UNIXユーザ会

*11 イギリス: David Alan Blackは http://www.brayden.org/twiki/bin/view/Software/RubyNotes から http://pirate.shu.edu/~blackdav/ に辿るとニュージャージーのSeton Hall University http://www.shu.edu/visiting/index.cfm に居たようです。合ってる?

*12 DHH: David Heinemeier Hansson。Rails の人

*13 USAGI(UniverSAl playGround for Ipv6) Project: http://www.linux-ipv6.org/