書籍紹介『たのしい Ruby 第 2 版』

編集:ささだ

書籍紹介『たのしい Ruby 第 2 版』

書名
「たのしいRuby 第2版」
著者
高橋征義,後藤裕蔵
監修者
まつもとゆきひろ
発行日
2006 年 8 月 10 日
体裁
A5 2 色刷り 512 ページ
定価
本体 2600 円+税
ISBN
ISBN4-7973-3661-7
たのしい Ruby 第 2 版サポートページ
http://www.notwork.org/sbcr-ruby/

執筆者より

「たのしい Ruby」の第 2 版が刊行されました。この本の初版は、Ruby は 1.6 系もほとんど終りの方、Ruby 1.6.7 のリリース (2002 年 3 月) と同時に脱稿されました。その後、翌年には Ruby 1.8 系がリリースされ、一部に古い記述を残したままになっていることが気がかりでしたが、運よく改訂を行う機会を得ることができました。

このように息の長い本を執筆する機会に恵まれたことに加えて、入門書が版を重ねるということ (おそらくは Ruby の利用人口が増えているということ) も、いち Ruby ユーザとして嬉しく思っています。

Ruby の機能のうち、この本では意図的に説明を省いているものがたくさんがあります。例えば、マルチスレッドやリフレクションについては全く触れていません。複雑な機能の説明は入門書としては不向きな内容になりそうだ、ということもありますが、これらはそれほど多くのユーザにとって必要な機能ではないというのが大きな理由です。近頃、多くの雑誌や技術系サイトで Ruby on Rails が取り上げられていますが、この魔法のようなプログラムを隅々まで理解するには、この本の内容では足りません。

その代わりにより多くの場面で必要となる機能については、できる限りの説明をしたつもりです。まずは魔法の恩恵に預ってみようという方にとって、その足掛かりになれば幸いです。

後藤裕蔵

目次

第1部 Rubyをはじめよう
第1章 はじめてのRuby
第2章 便利なオブジェクト
第3章 コマンドを作ろう
 
第2部 基礎を学ぼう
第4章 オブジェクトと変数・定数
第5章 条件判断
第6章 繰り返し
第7章 メソッド
第8章 クラスとモジュール
第9章 エラー処理と例外
 
第3部 クラスを使おう
第10章 数値(Numeric)クラス
第11章 配列(Array)クラス
第12章 文字列(String)クラス
第13章 ハッシュ(Hash)クラス
第14章 正規表現(Regexp)クラス
第15章 IOクラス
第16章 FileクラスとDirクラス
第17章 TimeクラスとDateクラス
 
第4部 Rubyを使いこなそう
第18章 Ruby落ち穂ひろい
第19章 演算子
第20章 イテレータ
第21章 Mix-in
 
第5部 ツールを作ってみよう
 
第22章 ログの解析
第23章 郵便番号の検索
第24章 HTMLの解析
Last modified:2006/09/20 23:52:42
Keyword(s):
References:[Rubyist Magazine 0016 号] [0016 号 巻頭言] [0016 号 読者プレゼント] [分野別目次] [各号目次]