Ruby Conference 2006 レポート

書いた人:ささだ

はじめに

sDSCF2196.jpg 先月 10 月 20 日 (金) 〜 22 日 (日) まで、アメリカはコロラド州デンバーにて、毎年恒例の Sixth International Ruby Conference、通称 RubyConf 2006 が行われました。本稿では RubyConf 2006 をとてもとてもとても簡単に紹介したいと思います。詳細なレポートは後述するページに日本語、英語ともに充実しているので、そちらをご覧ください。

RubyConf 2006 について

sDSCF2200.jpg
開催日
2006 年 10 月 20 日 (金) 〜 22 日 (日)
開催場所
Embassy Suites Southeast, Denver, Colorado, USA
開催母体
Ruby Central
参加者
300 人くらい? 日本人参加者は 8 人
写真
flickr にたくさんアップされています http://www.flickr.com/search/?q=rubyconf+2006

そういえば、今年は発表者は参加費が無料でした。ラッキー。

スケジュール

開催スケジュールは以下のとおりです。多分、スケジュールのページが公式ページから消えてしまうので、全部貼り付けておきました。

なお、日本人の発表者は高橋さん、まつもとさん(ラウンドテーブル・キーノート)、ささだでした。

10 月 20 日 (金)

  • Continental breakfast 8:30
  • Welcome 9:15
Session 1 10:00-12:00
  • Masayoshi Takahashi "The History of Ruby"
  • Evan Phoenix "Sydney and Rubinius: Hardcore Ruby"
  • Lunch 12:00
Session 2 13:30-16:30
  • Geoffrey Grosenbach "Dynamic Graphics With Ruby"
  • Kevin Clark "Life After mkmf"
  • Zed Shaw "Iron Mongrel: Fuzzing, Auditing, Thrashing, Risk and The Ways Of Mongrel Destruction"
  • John Long "Radiant - Content Managment Simplified"
dinner (on your own)
  • Yukihiro "matz" Matsumoto Roundtable

10 月 21 日 (土)

  • Continental breakfast 8:30
Session 3 9:00-11:30
  • Nathaniel Talbott "Open Classes, Open Companies"
  • Laurent Sansonetti "Leveraging Mac OS X from Ruby"
  • Glenn Vanderburg "Rinda and DRb in the Real World"
  • Lunch 12:00
Session 4 13:30-17:00
  • Josh Susser "More than enough rope to hang yourself"
  • Rich Kilmer "Web 2.0 Beyond the Browser"
  • Tim Bray "I18n, M17n, Unicode, and all that"
  • Michael Granger "Speak My Language: Natural Language Processing in Ruby"
  • Conference Dinner, sponsored by ThoughtWorks 18:00
After dinner
  • Keynote address: Yukihiro "matz" Matsumoto

10 月 22 日 (日)

  • Continental breakfast 8:30
Session 5 9:00-12:00
  • Justin Gehtland "Streamlined: A Framework for Data-centric Web Applications"
  • Koichi SASADA "YARV: on Rails?"
  • John Lam "You got your Ruby in my CLR!"
  • Lunch 12:00
Google Summer of Code Student Talks 1:30-3:30

参加レポート

去年大変好評だった mput さんによる RubyConf 参加レポートを、今年も書いてくれました。

まつもとさんの日記のエントリです。

Nick Sieger の blog にとても詳しい実況が載っています。

kiwamu 日記にもレポートが上がっています。

おわりに

毎年、RubyConf に行くと、「こんなにも Ruby は熱いのか!」ということがわかります。Ruby は Rails だけじゃないんですねぇ。RubyKaigi で飽き足らなくなったら、ぜひ RubyConf に出席してみることをお勧めします。

更新日時:2006/11/26 20:33:28
キーワード:
参照:[Rubyist Magazine 0017 号] [0017 号 巻頭言] [0017-RubyNews] [分野別目次] [各号目次] [prep-0017]