0019 号 読者プレゼント

編集:zunda

下記のような理由で、5 月 22 日 11:05:28 以前にプレゼント 応募メールを送信された方は、お手数ですが再度の応募をお願いします。 (5 月 30 日)

はじめに

いつも Rubyist Magazine をご愛読いただき、誠にありがとうございます。 今回は O'Reilly Japan 様よりプレゼントのご提供をいただきました。

プレゼント

Java から Ruby へ − マネージャのための実践移行ガイド

O'Reilly Japan 様より 5 冊ご提供いただきました。 日本 Ruby 会議 2007 の準備でお忙しい角谷さんによる翻訳です。

著者
Bruce A. Tate (原著 From Java to Ruby - Things Every Manager Should Know)
翻訳者
角谷 信太郎
税込価格
2,310円
出版
O'Reilly Japan
発行日
2007年4月
体裁
単行本 (ソフトカバー)
ISBN
978-4-87311-320-3
翻訳者によるサポートページ
http://kakutani.com/wiki/articles/?FromJavaToRuby

訳者から

訳者の角谷さんから力強い言葉をいただきました。ありがとうございます。

光栄にも、るびま14号でRubyist Hotlinksのインタビューを受けたときに、 私は「 昼間の仕事でRuby を書けるようになりたいなあ、と思ってます。 」と答えました。

当時はこれを「何年後かに達成できれば上出来」と考えていました。あ れから1年余。気がつけば、昼間の仕事で携わっているプロジェクトは、 すべてRuby関連プロジェクト (要はRuby on RailsによるWebアプリケーション構築です) になっていました。

昼間の仕事がRubyになれば幸せになれる……そう考えていた時期が私に もありました。私じしんが「JavaからRubyへ」移行してから携わったプ ロジェクトには、成功したプロジェクトもあれば失敗したプロジェクト もあります。現在進行形でいつ炎上してもおかしくないプロジェクトも あります。Railsで開発を始めたものの、とても継続して保守できるよう な状態ではなくなってしまった顧客のコードを蘇生させたプロジェクト。 顧客の期待に応えきれなかった自社プロジェクト。顧客側の事情で棚上 げになったプロジェクト。キャンセルされたプロジェクト。などなど。

Rubyへ移行したからといって、必ずしも幸せが約束されるわけではあり ません。Rubyへの移行にはメリットもありますが、リスクもあります。 Rubyに興味のある皆さんにとって、本書が、組織でソフトウェアを開発 するにあたって考慮すべき「当たり前のこと」を考えるきっかけとなっ てくれることを願っています。

落ち込むこともあるけれど、私は Rubyの楽しさにビジネス価値がある と信じています。プレゼントへの応募、お待ちしております。

角谷信太郎

応募要項

応募締め切り

2007 年 6 月 2 日 (土)

応募方法

当選時に連絡のつくメールアカウントからるびまプレゼント応募用メー ルアドレス RubiMa-present@quickml.atdot.net 宛てに、以下の項目を記入してお送りください。

  • メールのサブジェクトは「るびま 19 号プレゼント」
  • Rubyist Magazine についての感想
  • 公開してよいハンドルネーム

(5 月 30 日 追記)

アナウンスが遅くなってしまいましたが、るびま19号リリース以降の約4日間、 手違いで応募先メールアドレスが有効になっておらず、プレゼント応募メール が届いていませんでした。ごめんなさい。

つきましては、5 月 22 日 11:05:28 以前にプレゼント 応募メールを送信された方は、お手数ですが再度の応募をお願いします。ビミョ ウな時間帯に応募された方は念のため再度応募してください。ご迷惑をおかけ します。

応募資格

本稿編集担当 (zunda) 以外の Rubyist Magazine 読者の方なら誰でも。 重複する応募はご遠慮ください。

なお、当選した方にはプレゼントの感想を別途 Rubyist Magazine 編集 部まで送っていただくか、URL を知らせていただけると幸いです。 感想は Rubyist Magazine のコンテンツとして掲載させていただく 可能性があります。

当選発表

当選者は 2007 年 6 月 3 日 (日) に、ハンドルネームを公開 します。公開されていなければ、忘れているので誰か突っ込んでくださ い。

また、当選者の方々へは別途ご連絡を差し上げます。

個人情報の取り扱いについて

プレゼントの発送のため、当選した方からは、住所・電話番号等の個人 情報を預からせて頂きます。これらの個人情報は、編集部ではなく、プ レゼントの発送担当者に連絡して頂くことになります。連絡方法につい ては、抽選後に、応募時に使用されたメールアドレスまで個別に連絡い たします。

当選者の方々に個人情報の連絡方法をお知らせした直後に、この場所で、 ご連絡するのに使ったメールの発信元と件名をお知らせします。

なお、これらの個人情報はプレゼントの発送以外の用途には使用いたし ません。配達が完了しだい削除致します。

Last modified:2007/05/30 03:52:34
Keyword(s):
References:[Rubyist Magazine 0019 号] [0019 号 巻頭言] [各号目次] [prep-0019]