RubyMotion のご紹介

はじめに

この記事では 2012 年 5 月に発売された、Ruby で iOS アプリが開発できる RubyMotion を紹介します。

今後購入を考えている個人や導入を検討中の企業の方、買ってはみたけれども次にどうして良いかわからない、という方などの参考になると幸いです。

RubyMotion とは

RubyMotion とは Ruby で iOS アプリを作るための製品です。 開発には使い慣れたテキストエディタ、テストは spec、ビルドは rake コマンドという、Rubyist にとっては普段慣れ親しんだ環境で開発を行うことができます。

MacRuby をベースに開発されていてソースコードの多くが MacRuby と同一だそうです。 RubyMotion 自体はリリースが 2012 年 5 月と非常に若い製品ではありますが、実績のある MacRuby をベースとしているのでその分安心感があります。 また主要開発者である、開発元の HipByte 社創業者の Laurent Sansonetti さんは以前 Apple で MacRuby の開発をされていた方です。

なお RubyMotion は有料であり、お試しプランなどもありません。 RubyMotion の実際に動作しているところを見たい場合は、公式サイトの RubyMotion - Getting Started に掲載されている動画や、 The Pragmatic StudioRubyMotion Screencast をご覧になるのがおすすめです。 (企業等での多数のライセンスの導入や、学割などを希望される場合は直接サポートに連絡すると優遇を受けられるそうです。)

RubyMotion の特徴

RubyMotion の良いところは以下の 3 点だと思います。(一番良い点は「慣れ親しんだ Ruby で iOS のアプリが作れる」というただそれだけに尽きると感じていますが。)

  1. Ruby で記述したコードは LLVM によって直接バイナリコードに変換されるため、性能面でのデメリットの心配がありません。
  2. 再コンパイルすること無く REPL から任意のコードを実行でき、View の調整やちょこっと API の挙動を確かめたり、ということが容易にできます。
  3. Test コードを Ruby で書くことができます。モデルのユニットテストから UIAutomation 相当のテストまですべて Ruby で書けます。

逆に気をつけた方がいいのは以下の点です。

  1. Android アプリは開発できません。
  2. eval や define_method などの一部のメソッドが使えません。(define_methodは近いうちに対応予定とのことです。)
  3. require は使用できません。つまり既存の gem はほとんど使えません。ライブラリは基本的には RubyMotion 用に作られた gem か、Objective-C でできたものを使います。

RubyMotion の始め方

購入〜インストール

RubyMotion Store からライセンスを購入します。支払いはクレジットカード、もしくは PayPal アカウントで購入が可能です。

ライセンスは 1 年間有効で期間中はソフトウェアのアップデートとサポートチケットによるサポートを受けることができます。 アップデートとサポートが不要の場合は一度購入するだけでずっと製品を使い続けることもできます。 なおライセンスの継続料金は新規料金の半額となります。(参照: RubyMotion - Support)

購入が完了するとライセンスキーとインストーラの URL が購入時に登録したメールアドレスあてに送られてきますので、記載された指示に従ってインストールを行ってください。

インストールが完了すると、motionというコマンドが使えるようになります。

また、/Library/RubyMotion以下に必要なファイルがインストールされます。

$ which motion
/usr/bin/motion
$ motion -v
1.20 # この原稿執筆時の最新バージョンです。
$ motion -h
Usage:
  motion [-h, --help]
  motion [-v, --version]
  motion <command> [<args...>]

Commands:
  create       Create a new project
  activate     Activate the software license
  update       Update the software
  support      Create a support ticket

動かしてみよう

インストールが完了したら、さっそく簡単なプロジェクトを作ってみたいと思います。 まずはmotionコマンドでコードを生成します。

$ motion create Hello
    Create Hello
    Create Hello/.gitignore
    Create Hello/Rakefile
    Create Hello/app
    Create Hello/app/app_delegate.rb
    Create Hello/resources
    Create Hello/spec
    Create Hello/spec/main_spec.rb
Rakefile
アプリの設定や gem の require などはここに記述します。
app/app_delegate.rb
Xcode を用いて開発する場合の AppDelegate.h, AppDelegate.m に相当するのがこのファイルです。
resources/
画像や Storyboard、CoreData のモデルファイルなどのリソースをここに置きます。
spec/
テストはこのディレクトリに置きます。

早速テキストエディタ (エディタ用の拡張等については後述) で app/app_delegate.rb を開いてみます。

   1|class AppDelegate
   2|  def application(application, didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions)
   3|    true
   4|  end
   5|end

デフォルトでこのようなコードが書いてあると思います。 2 行目をご覧ください。Ruby 2.0 で取り入れられるという噂のキーワード引数のようなメソッド定義になっています。

これは RubyMotion 独自の拡張ではなく、MacRuby で拡張されたものです。ちなみに MacRuby は CRuby 1.9 系をベースに開発されていて、同様に RubyMotion の処理系も基本的には 1.9 系に準拠しています。

早速実行してみます。

$ rake
     Build ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development
   Compile ./app/app_delegate.rb
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.app
      Link ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.app/Hello
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.app/Info.plist
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.app/PkgInfo
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.dSYM
  Simulate ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello.app
(main)> 

./app/app_delegate.rb がコンパイルされ、iOS アプリとして動作するために必要なファイルが生成されたり、といった一連の処理が行われた後、自動的に iOS シミュレータが起動します。

まだ何も描画するコードを書いていませんので、シミュレータには真っ黒の画面が表示されるのみです。

ここでrakeコマンドを実行した端末の方に注目すると、入力待ちになっています。 実は RubyMotion には REPL が実装されていて、irb のように直接コードを打ち込んで実行することができます。

少し実験してみましょう。プロンプトに続いてコードを入力してみてください。

(main)> RUBY_VERSION
=> "1.9.2"
(main)> RUBY_DESCRIPTION
=> "RubyMotion 0.12 (ruby 1.9.2) [universal-darwin12.0, i386]"
(main)> str = 'Hello, world'
=> "Hello, world"
(main)> puts str
Hello, world
=> nil

さて驚きは次です。引き続き端末にコードを打ち込んでください。

(main)> str.class
=> String
(main)> str.class.ancestors
=> [String, NSMutableString, NSString, Comparable, NSObject, Kernel]

なんとクラスツリーにNSMutableStringやNSStringといった Objective-C 由来のクラスが混ざり込んでいます。正確にはこれも RubyMotion というよりは MacRuby の特徴なのですが、実は Ruby コードから Objective-C で定義されているメソッドまで呼び出すことができてしまいます。

試してみましょう。

(main)> str.upcase # Ruby の String#upcase
=> "HELLO, WORLD"
(main)> str.uppercaseString # NSString クラスに定義された - (NSString *)uppercaseString
=> "HELLO, WORLD"
(main)> 'Hello, world'.insert(7, 'foo ') # Ruby の String#insert
=> "Hello, foo world"
(main)> 'Hello, world'.insertString('foo ', atIndex: 7) # NSMutableString クラスに定義された - (void)insertString:(NSString *)aString atIndex:(NSUInteger)anIndex
=> "Hello, foo world"

面白いですね。

では REPL を終了します。

(main)> exit

いつまでも真っ黒な画面では寂しいので、app_delegate.rb にコードを記述してみましょう。

   1|class AppDelegate
   2|  def application(application, didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions)
   3|    @window = UIWindow.alloc.initWithFrame(UIScreen.mainScreen.bounds)
   4|    controller = UIViewController.new
   5|    controller.view.backgroundColor = UIColor.whiteColor
   6|    @window.rootViewController = controller
   7|    @window.makeKeyAndVisible
   8|    true
   9|  end
  10|end

コードの中身については Objective-C でアプリを開発した経験が無いと理解が難しいかもしれませんが、筆者は Objective-C 経験ほぼゼロの状態で RubyMotion を始めましたので、平行して勉強していくことも十分可能です。 これで先ほど同様にrakeコマンドを実行すると今度は白い背景の画面が表示されるようになったと思います。

では画面にボタンなどの部品を置いてみようと思います。 Storyboard を使うこともできますが、ここではコードのみで GUI を構築します。

   1|class AppDelegate
   2|  def application(application, didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions)
   3|    @window = UIWindow.alloc.initWithFrame(UIScreen.mainScreen.bounds)
   4|    controller = UIViewController.new
   5|    controller.view.backgroundColor = UIColor.whiteColor
   6|
   7|    label = UILabel.new.tap do |l|
   8|      l.text = 'foo'
   9|      l.frame = [[10, 10], [100, 60]]
  10|    end
  11|    controller.view.addSubview(label)
  12|
  13|    button = UIButton.buttonWithType(UIButtonTypeRoundedRect).tap do |b|
  14|      b.setTitle('Say Hello!', forState:UIControlStateNormal)
  15|      b.frame = [[110, 300], [100, 60]]
  16|    end
  17|    controller.view.addSubview(button)
  18|
  19|    @window.rootViewController = controller
  20|    @window.makeKeyAndVisible
  21|    true
  22|  end
  23|end

UILabelとUIButtonを追加してみました。実行してみると、ラベルの位置が気になりませんか? REPL で位置の調整を試してみましょう。


screenshot1_small.png screenshot1.png

コマンドキーを押しながらシミュレータ上でポインタを動かすと、赤い枠線がポインタの下の UI 部品を囲み、それと同時に端末上のプロンプトが (main)> から (#<UILabel:0x6a015c0>)> に変わるのが確認できましたでしょうか?(0x6a015c0 は同じ数字ではなくても大丈夫です。)

この状態でクリックすると、REPL が 選択されたオブジェクトをselfとした状態で入力待ちになります。以下のコードを入力してみましょう。

(#<UILabel:0x6c08f60>)> self.frame = [[110, 100], [100, 20]]
=> [[110, 100], [100, 20]]

ラベルの位置が変更できたと思います。 何度もコンパイルし直して位置を調整するよりも簡単に UI 部品の位置、大きさの調整ができることを実感できますね。 忘れずに元の app_delegate.rb の 9 行目を今確認したframeの値に変更しておきましょう。

   1|    label = UILabel.new.tap do |l|
   2|      l.text = 'foo'
   3|      l.frame = [[110, 100], [100, 20]]
   4|    end
   5|    controller.view.addSubview(label)

さて、今はボタンをタップしても何も起きません。 タップするとラベルの文字列が変更されるように修正したいと思いますが、このまま app_delegate.rb にコードを書いていくと複雑になってしまうので、UIViewControllerを継承したMyViewControllerクラスを定義し、ファイルを分けるリファクタリングを行います。

リファクタリング後の 2 ファイルは以下のようになります。 実行して、先ほどと同じ結果になることを確認してください。

   1|# app/app_delegate.rb
   2|class AppDelegate
   3|  def application(application, didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions)
   4|    @window = UIWindow.alloc.initWithFrame(UIScreen.mainScreen.bounds)
   5|    my_view_controller = MyViewController.new
   6|
   7|    @window.rootViewController = my_view_controller
   8|    @window.makeKeyAndVisible
   9|    true
  10|  end
  11|end
  12|
  13|# app/my_view_controller.rb
  14|class MyViewController < UIViewController
  15|  def viewDidLoad
  16|    super
  17|
  18|    view.backgroundColor = UIColor.whiteColor
  19|
  20|    label = UILabel.new.tap do |l|
  21|      l.text = 'foo'
  22|      l.frame = [[110, 100], [100, 20]]
  23|    end
  24|    view.addSubview(label)
  25|
  26|    button = UIButton.buttonWithType(UIButtonTypeRoundedRect).tap do |b|
  27|      b.setTitle('Say Hello!', forState:UIControlStateNormal)
  28|      b.frame = [[110, 300], [100, 60]]
  29|    end
  30|    view.addSubview(button)
  31|
  32|  end
  33|end

あれ?と思った方もいらっしゃるかもしれません。RubyMotion ではrequireが使えない代わりに、app ディレクトリ以下のファイルは自動的に読み込まれるようになっています。 (もし読み込まれる順序が問題でコンパイルできない場合は Rakefile で app.files_dependencies メソッドを使って指定できます。2.1. Files Dependencies)

ではボタンをタップしたときの動作を追加してみます。 変更点を diff 形式で掲載します。

$ git diff
diff --git a/app/my_view_controller.rb b/app/my_view_controller.rb
index d29b2cc..03a06a3 100644
--- a/app/my_view_controller.rb
+++ b/app/my_view_controller.rb
@@ -4,17 +4,24 @@ class MyViewController < UIViewController
 
     view.backgroundColor = UIColor.whiteColor
 
-    label = UILabel.new.tap do |l|
+    @label = UILabel.new.tap do |l|
       l.text = 'foo'
       l.frame = [[110, 100], [100, 20]]
     end
-    view.addSubview(label)
+    view.addSubview(@label)
 
     button = UIButton.buttonWithType(UIButtonTypeRoundedRect).tap do |b|
       b.setTitle('Say Hello!', forState:UIControlStateNormal)
       b.frame = [[110, 300], [100, 60]]
+      b.addTarget(self,
+        action:'say_hello',
+        forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside)
     end
     view.addSubview(button)
 
   end
+
+  def say_hello
+    @label.text = 'Hello!'
+  end
 end
\ No newline at end of file

まず別のメソッドからラベルが見えるようにUILabelのオブジェクトをインスタンス変数に格納するように変更しました。 さらに、say_helloというメソッドを定義し、その中でラベルのプロパティを変更しています。 そしてボタンがタップされたときに呼び出されるメソッドをaddTarget:action:forControlEvents:メソッドで指定して完成です。

実行してみて意図通り動作することを確認してください。

テストを書こう

現在の RubyMotion では Bacon という rspec クローンを Objective-C 用に拡張した MacBacon を利用してテストを書くことができます。

ユニットテストのレイヤーから、バージョン 1.15 以降では UIAutomation 相当の View, Controller のテストが書けるようになっています。

エディタで spec/main_spec.rb を開いてください。以下のようなコードが記述されています。

   1|describe "Application 'Hello'" do
   2|  before do
   3|    @app = UIApplication.sharedApplication
   4|  end
   5|
   6|  it "has one window" do
   7|    @app.windows.size.should == 1
   8|  end
   9|end

アプリケーションに一つのwindowがあることをテストしています。 実行してみます。

$ rake spec
     Build ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development
   Compile /Library/RubyMotion/lib/motion/spec.rb
   Compile /Library/RubyMotion/lib/motion/spec/helpers/ui.rb
   Compile ./spec/main_spec.rb
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app
      Link ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app/Hello
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app/Info.plist
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app/PkgInfo
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.dSYM
  Simulate ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app
Application 'Hello'
  - has one window

1 specifications (1 requirements), 0 failures, 0 errors

図らずも既に仕様を満たしていたのでテストが通りました。 (筆者はテストが一発で通ることに恐怖を感じるので、一応@app.windows.size.should == 0としてテストが失敗することも確認しました。)

では先ほど作ったプロジェクトのテストを書いてみましょう。

   1|describe "Application 'Hello'" do
   2|  before do
   3|    @app = UIApplication.sharedApplication
   4|  end
   5|
   6|  it "has one window" do
   7|    @app.windows.size.should == 1
   8|  end
   9|
  10|  describe "rootViewController" do
  11|    before do
  12|      @controller = @app.keyWindow.rootViewController
  13|    end
  14|
  15|    it "is an instance of MyViewController" do 
  16|      @controller.class.should == MyViewController
  17|    end
  18|  end
  19|
  20|end

コントローラのクラスが正しく MyViewController であることをテストしました。 テストを実行してみてください。

$ rake spec
     Build ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development
   Compile ./spec/main_spec.rb
      Link ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app/Hello
    Create ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.dSYM
  Simulate ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app
Application 'Hello'
  - has one window

rootViewController
  - is an instance of MyViewController

2 specifications (2 requirements), 0 failures, 0 errors

正しく通りましたでしょうか。

では次にボタンをタップしたときの動作を検証します。 spec/my_view_controller_spec.rb を作成し、以下のように記述します。

   1|describe "The 'My View Controller' view" do
   2|  tests MyViewController
   3|
   4|  before do
   5|    @label = view('foo')
   6|  end
   7|
   8|  it "change label's title" do
   9|    tap('Say Hello!')
  10|    @label.text.should == 'Hello'
  11|  end
  12|end

実行してみます。

$ rake spec
     Build ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development
  Simulate ./build/iPhoneSimulator-5.1-Development/Hello_spec.app
Application 'Hello'
  - has one window

rootViewController
  - is an instance of MyViewController

The 'My View Controller' view
  - change label's title [FAILED]

Bacon::Error: "Hello!".==("Hello") failed
        spec.rb:553:in `satisfy:': The 'My View Controller' view - change label's title
        spec.rb:567:in `method_missing:'
        spec.rb:183:in `block in run_spec_block'
         4:in `execute_block'
        spec.rb:183:in `run_spec_block'
        spec.rb:198:in `run'

3 specifications (3 requirements), 1 failures, 0 errors

おっと、残念ながらエラーが出てしまいました。 spec の中で typo したようです。修正は皆さんにおまかせします。

開発おすすめツール、ライブラリ

RubyMotion で開発を行うにあたって、定番のツールを紹介したいと思います。

テキストエディタのプラグイン / 拡張

SublimeRubyMotionBuilder
最近人気の Sublime Text 用の拡張です。筆者もこれを使っています。
RubyMotion.tmbundle
TextMate の方はこちら。
snipmate-snippets-rubymotion
vim の方はこの snippets と ctags を使うといいと思います。
Rubymotion Completion With Emacs
Emacs な方はこのエントリに従って設定するのが良さそうです。

Dash

iOS SDK のリファレンスを参照するために使います。 Ruby や Rails のリファレンスも参照できる優れものです。

TestFlight

iOS 開発では定番! Adhoc 版アプリを素早く手軽に配布するために使います。

定番ライブラリ

motion-cocoapods

Bundler と同様にライブラリの依存関係の管理を行う CocoaPods を RubyMotion から簡単に使えるようにした gem です。

これのおかげで Objective-C で作られた AFNetworking などの定番ライブラリもとても手軽に使うことができます。

motion-testflight

上述の TestFlight を RubyMotion から手軽に使うための gem です。

この gem を利用するとrake testflight notes="foo"のように、コマンドラインから TestFlight を通じたテスト版の配布ができてしまいます。

BubbleWrap

RubyMotion を使った iOS 開発をさらに Ruby らしく書けるようにした gem です。

rm-redgreen

spec の実行結果に色を付ける gem です。

他にも nitron, formotion なども人気の高い gem です。

情報源、コミュニティ

まだ若い製品であるため、日本語のまとまった情報はまだ多くはありません。 しばらくは英語の情報を主に見るようにするといいでしょう。

英語

- Developer Center (公式) - Google Group (公式) - HipByte/RubyMotion (公式) - RubyMotion Tutorial

日本語

- Facebook グループ - RubyMotionJP

RubyMotionJP について

先日第1回 RubyMotion 勉強会を東京にて開催いたしました。

その懇親会の席でそろそろ日本語の RubyMotion の情報をどこかに集約した方がいいのでは……という話になり、Github 上に Organization を立ち上げました。(RubyMotionJP)

当面は RubyMotion Tutorial の翻訳を進めていこうと考えております。

まとめ

やや駆け足ではありますが、これから RubyMotion を始めたいと考える方のスタートダッシュをお手伝いできるよう、広く浅くまとめてみました。

また、簡単なコード例をご覧頂くことで開発の雰囲気や手順、メリット/デメリットをある程度感じていただくことができたのではないかと思います。

何か質問等がございましたらどうぞお気軽に Facebook グループや Twitter の #rubymotionjp ハッシュタグで相談していただけると、拾える範囲で拾って回答を差し上げることができると思います。

RubyMotion は若くて勢いのあるプロジェクトです。バグも相当減ってきた実感がありますし、次々と便利で新しい機能が追加されています。近々デバッガやdefine_methodの追加などの大きなアップデートも控えています。

RubyMotion やこの記事を通じて、多くの方が楽しく iOS アプリの開発ができるようになることを願っています。

著者について

海老沢 聡 (@satococoa) 原宿のとある会社でスマートフォンアプリの開発をしています。現在 Rails + RubyMotion でアプリ開発中。

先日 RubyMotion で開発した自身初の iPhone アプリをリリースし、見事 AppStore 無料のトップを頂きました!

Last modified:2012/09/05 16:43:46
Keyword(s):
References:[Rubyist Magazine 0039 号] [Rubyist Magazine 八周年] [0039 号 巻頭言] [分野別目次] [各号目次] [prep-0039]