RegionalRubyKaigi レポート (54) 関西 Ruby 会議 06

書いた人:ogom

関西 Ruby 会議 06

はじめに

2015 年 7 月 11 日に開催された関西 Ruby 会議 06 の当日の様子をレポートしたものです。

P1030151

開催概要

開催日
2015 年 7 月 11 日 (土)
開催会場
エムオーテックス新大阪ビル エムオーテックスホール
参加者数
190 名
ハッシュタグ
#kanrk06
主催
Ruby 関西
テーマ
Enjoy Programming
公式サイト
http://regional.rubykaigi.org/kansai06/
まとめ
スライドまとめ

オープニング

参加者が 230 名も登録されていましたが、手慣れたメンバーと当日スタッフの連携でスムーズに受付ができました。
会場は大通りから少し中に入った所なので、当日スタッフが道案内をしてくれたのもよかったです。

01-P1030040.JPG

スタッフは朝の 8 時 30 分には集合をしていましたが、参加者も 9 時頃には集まり始めていました。
Doorkeeper で募集をしていたので、みなさん「アプリでチェックイン」の準備して並んでいます。

02-P1030080.JPG

基調講演、講演、LT を含めると発表者は 17 名でした。その発表者の司会を務めた 3 名です。
マイクランナーも傾斜のある階段を俊敏に駆け回っていました。

03-P1030145.JPG

Ruby にみるプログラミングスタイルの進化

基調講演: まつもと ゆきひろ さん

タイトルはプログラミングスタイルの進化ですが、まつもと ゆきひろさんの進化も拝見することができました。

今では聞く事のない言葉もいくつか紹介されていました。
当時はコンピュータが高価だったので、コンパイラの気持ちになってノートに書いて勉強した。(無いコン族)
「私が言語を設計してはいかんのか?」となり、想像上の「ぼくの考えた最強の言語」が生まれる。(ペーパープロトタイピング)

04-P1030204.JPG

社内のアプリケーションを作成していたが、会社の方針転換で保守の要員となった。
しかし、そこがプログラミング言語の Ruby が生まれるきっかけになったそうです。

05-P1030335.JPG

ウェブアプリケーションの全盛で Ruby が広く使われ始めた。(作者としては不本意)
DSL (抽象化を一段上げる) や、メタプロも活用の貢献も大きい。

06-P1030387.JPG

プログラミングスタイルの進化にバージョン管理ツールの進化が影響をあたえた。
(昔々はフロッピーディスクに tar でファイルをまとめて世代管理をされていた逸話がありました。)

  • RCS (ロック・アンド・モディファイ)…… 職場が荒れた。
  • CVS (エディット・アンド・マージ)…… 職場に平和が戻る。
  • svn (アトミック・コミット)…… ネットワークが必要。
  • git (分散バージョン管理)…… ネットワークが不必要。

そして、GitHub の登場でオープンソースがしてきた開発の手法を会社の社内の開発でもするようになった。

07-P1030349.JPG

質問タイムでは、「島根は好きです!」と即答していました。(前日の前夜祭でなにかあったらしい? )
また、まつもと ゆきひろ さんは C 言語のプラグラマーなので、「Ruby 会議はアウェー感」の回答に会場が賑わいました。

P1030476

スポンサー LT

スポンサーの特別枠で 5 人の LT がありました。
Ruby ビジネスフォーラムではスーツ率が高いそうです。

08-P1030512.JPG

こちらは関西 Ruby 会議 06 の集合写真です。(圧倒的な私服率の高さでした。)

m-P1030570.JPG m-P1030568.JPG m-P1030571.JPG

Rails ガイドを支える技術

講演: @yasulab さん

Rails ガイドを継続的に更新していく技術をデモンストレーションを交えて紹介されていました。
プロの翻訳者の八田さんがパワフルに翻訳を進めて行かれるそうです。

09-P1030526.JPG

「Rails ガイド電子版を今日に出版するために、前夜祭の参加を諦めました。」
「夜中の 3 時までコミットしていました。」…… 会場からの大きな拍手!  ( 88888888 )

10-P1030540.JPG

200 万 Web サイトを支える ロリポップ! と mruby

講演: @harasou5 さん

mrubymod_mruby で大量のアクセスに対応することができます。

11-P1030563.JPG

mod_mruby の紹介で、ヒゲの松本さんの紹介に会場は「???」の空気になりました。
(スライドのまつもと ゆきひろ さん松本 亮介さんにはどちらもヒゲがあります。)

12-P1030564.JPG

スモウルビー 1.0:小学 3 年生から始める Ruby プログラミング

講演: @takaokouji さん

スモウルビーは Scratch のように子供でも簡単にプログラミングを楽しめます。
野球のリトルリーグのようなプログラミング少年団を目指して活動をされています。

13-P1030579.JPG

スモウルビーで「ねずみとねこの追いかけっこゲーム」のライブコーディングがありました。
限られた時間でゲームを作り、そのゲームもライブでクリアするパフォーマンスで盛り上がりました。

14-P1030575.JPG

RSpec、Minitest、使うならどっち?

講演: 伊藤 淳一 さん

Qiita で Ruby の部、Rails の部、RSpec の部は全て 1 位のストックを獲得されています。
xUnit 形式 vs Spec 形式RSpec vs Minitest をとても丁寧に解説されていました。

15-P1030588.JPG

伊藤 淳一 さんは主観的に選ぶなら RSpec だそうです。
Minitest は DIYer 気質が強い方に好まれる。」という分析 (仮説)

16-P1030593.JPG

Rails パフォーマンス基本のキ

講演: @joker1007 さん

社内の Qiita では圧倒的な 1 位でストックを獲得されています。
パフォーマンスが悪くなる要因を例を見ながらの解説でした。(特に serialize は気を付けて使うべし! )

17-P1030615.JPG

検知と計測のためのツールの紹介の中には @joker1007 さん が作った Activerecord::Cause という Gem もありました。
「最も大事なことは、壊れた窓を放置しない」の言葉は身に突き刺さりました。

18-P1030610.JPG

API server/client development using JSON Schema

講演: @izumin5210 さん

「Kobe.rb と Asakusa.rb から来ました。」これが一番言いたかったようです。
JSON Schema は YAML で記述できます。(JSON は {}"" の入力で shift キーが死ぬんじゃないか!? )

19-P1030617.JPG

「テスト支援ツールとしての JSON Schema がイケてる使い方です。」
SOAP おじさんからの まさかり がくるそうですが、きちんと議論をしたいそうです。

20-P1030620.JPG

LT 大会

サーバサイドなおじさんが SPA を趣味で初めて作ってみたときにわかった n のこと (仮)

LT: @muryoimpl さん

P1030645

受託開発と RubyGems

LT: @koic さん

P1030663

派遣エンジニアが業務に Ruby を取り入れるまで

LT: @hayabusa333 さん

P1030679

インフラの人が Chef や Serverspec (ほか) が Ruby だったおかげですこしプログラムをするようになった

LT: @sawanoboly さん

P1030710

ActiveAdmin Better Practices

LT: @ShinsukeKuroki さん

P1030723

キーワードパラメータを支える技術

基調講演: 笹田 耕一 さん

キーワードパラメータは Ruby 2.2 で速くなりました。
(会場では使っている人は少なかったですが、速くなったのでどんどん使いましょう。)

21-P1030792.JPG

シンボル GC の改善が Ruby 2.2.2 で対応してると思っていたら、その修正が入っていなかった。
「Ruby 2.2.3 ではなおっているかも? 」

22-P1030794.JPG

Ruby 2.2 からの インクリメンタル GC で大幅に改善がされています。
(グラフのピンと跳ね上がるポイントを押さえる事ができています。)

23-P1030800.JPG

笹田 耕一 さんをイベントに招待すると Ruby のクオリティーが上がるそうです。(スライドのネタ作りため!)
それと、笹田 耕一 さんも C 言語のプラグラマーなので、Ruby 会議はアウェー感!?

24-P1030847.JPG

参加者は朝からのたくさんの発表を真剣に聞き入っていました。
また、質問タイムには積極的に手を挙げて会場を盛り上げて頂きました。

25-P1030633.JPG

クロージング

大勢の参加者や発表者、スタッフ・スポンサーのおかげで関西では最大級の Ruby のイベントは大成功に終わりました。
アフターパーティーも 70 名の参加者で賑わいました。(席に座らずあちこちで立ち話で盛り上がるほどでした。)

m-P1030886.JPG m-P1030888.JPG m-P1030892.JPG

ノベルティ

関西 Ruby 会議 06 のノベルティーです。T シャツとバック、ステッカーの 3 種です。
(ステッカーは前夜祭と懇親会でのみ配られたレアアイテムです。)

novelty

るびま 担当

レポート: 尾篭 盛 (ogom)

写真提供: 田又 利土 (rito)

P1030582

更新日時:2015/09/07 10:28:11
キーワード:
参照:[Rubyist Magazine 0051 号] [0051 号 巻頭言] [各号目次]