プレゼント

はじめに

お読みいただき、誠にありがとうございます。

今回のカンファレンスを記念して、 アスキーさま、オーム社さま、ソフトバンククリエイティブさま (アイウエオ順) より Ruby on Rails の新刊書を、オーム社さまからは加えて dRuby の書籍を、 本特集号の読者様にご提供いただきました。ありがとうございます。

また、日本 Ruby カンファレンス 2006 運営委員会より、カンファレンス特製 T シャツを、M サイズ 3 着、L サイズ 2 着ご提供いただきました。

以上をプレゼントといたしますので、以下の要領でどしどしご応募ください。

プレゼント

(書籍は発行日順です。)

関将俊『dRuby による分散・Web プログラミング』(オーム社、2005 年 7 月、通称「幸福の王子本」)

オーム社様より 3 冊ご提供いただきました。

Amazon の説明より引用:

dRuby はごく普通の Ruby オブジェクトをプロセス/ネットワークを越えてやりとりしたり、呼び出したりするためのシームレスな仕掛けです。いつもの Ruby のプログラミングの延長線上に、ごくごく自然に分散オブジェクトの世界を見せてくれます。本書の目的は、最新の dRuby に関する情報をまとめることと、dRuby とその周辺のライブラリを理解し応用するためのチュートリアルとなることです。そのために、dRuby 2 に基づいて全く新たに書き起こし、irb を用いた対話的な実験やサンプルコードを盛り込みました。

Dave Thomas and David Hainemeier Hansson 著・前田修吾監訳『Rails によるアジャイル Web アプリケーション開発』(オーム社、2006 年 2 月、通称 AWDwR)

オーム社様より 3 冊ご提供いただきました。

Amazon の説明より引用:

注目の Web アプリケーションフレームワーク Rails による開発のすべて

Rails は、Web アプリケーションを迅速に開発するための技術をフレームワークとしてまとめたもの。ショッピングサイトやブログサイトをはじめ、多様かつ高度なアプリケーションが短期間で開発できる。本書は、導入からアプリケーションの配備まで、Rails の全体像がまとめられた原書をいち早く翻訳出版するもの。

吉田和弘・馬場道明『ライド・オン・Rails』(ソフトバンククリエイティブ、2006 年 6 月)

ソフトバンククリエイティブ様より 3 冊ご提供いただきました。

Amazon の説明より引用:

Ruby on Rails を徹底攻略!

Ruby による Web アプリ開発の高速開発の代名詞「Ruby on Rails」待望の実践的解説本。実践的なチュートリアルから、標準ジェネレータ/スクリプトの解説、国際語対応、全文検索、Ajax RSS Reader の作成、エンタープライズ利用まで Rails ノウハウを凝縮。

かずひこ・喜多川豪『はじめよう Ruby on Rails』(アスキー、2006 年 7 月)

アスキー様より 3 冊ご提供いただきました。

ASCII の説明より引用:

Web アプリケーション開発フレームワークとして、世界中のプログラマが注目しているのが Ruby on Rails です。本書では、この Ruby on Rails の持つ上品でスピーディーな開発を読者に伝えるため、実際に動作するスケジューラの開発を題材にステップバイステップで解説を行っています。

日本 Ruby カンファレンス 2006 特製 T シャツ

日本 Ruby カンファレンス 2006 実行委員会より合計 5 着ご提供いただきました。

M サイズ
3 着
L サイズ
2 着

胸のロゴ・背中のイラストは、こんな感じになっています。

shirt1FR.jpeg shirt2BK.jpeg

応募要項

応募締め切り

2006 年 7 月 7 日 (金)

応募方法

当選時に連絡のつくメールアカウントから、るびまプレゼント応募用メールアドレス宛てに、以下の項目を記入してお送りください。

  • メールのサブジェクトは「るびま カンファレンス特別号プレゼント」
  • 欲しいプレゼントを明記
  • Rubyist Magazine 本特集号の感想
  • 公開してよいハンドルネーム

応募資格

本稿編集担当 (すぎむし) 以外の Rubyist Magazine 読者の方なら誰でも。

応募要項

応募締め切り

応募は締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。

当選発表

当選者は以下のとおりです。おめでとうございます。 当選者の方々へは、担当者より別途ご連絡を差し上げます。

『dRuby による分散・Web プログラミング』

  • SKAN
  • ながぬまたつみ
  • サイロス誠

『Rails によるアジャイル Web アプリケーション開発』

  • tyumityumi
  • とっきー
  • まるぼー

『ライド・オン・Rails』

  • MUNEDA Takahiro
  • なおゆき
  • のりつぐ

『はじめよう Ruby on Rails』

    • 07
  • tellme
  • 粘土巨人

日本 Ruby カンファレンス 2006 特製 T シャツ (サイズ情報は省略させていただきました)

  • aka
  • hidenari
  • はじめ
  • よしみ

個人情報の取り扱いについて

プレゼントの発送のため、当選した方からは、住所・電話番号等の個人情報をお預りさせて頂きます。これらの個人情報は、最終的にプレゼントの発送担当者が使用することになります。連絡方法や発送担当者はプレゼントごとに異なります。個別に連絡いたしますので、内容をご確認下さい。

なお、これらの個人情報はプレゼントの発送以外の用途には使用いたしません。配達が完了しだい削除致します。

当選者の方々は、以上ご承知おきくださいますよう、よろしくお願いします。

Last modified:2007/03/20 22:11:47
Keyword(s):[当選者発表]
References:[日本 Ruby カンファレンス 2006 特別号] [各号目次]